ローン・キャッシングInformation

クレジットカード&ローンCabinet
本文へジャンプ

INFORMATION


一般ローン 女性専用ローン 事業者向けローン
一般ローン(500万円まで) 学生専用ローン Information

ローン・キャッシングについて

お金を借りるとき、すぐに思い浮かぶのは「ローン」(貸付)という言葉だと思われます。ローンはその借入目的から、「使途が限定されたローン」(住宅ローン、自動車ローン、教育ローン等の目的別ローン)と「使途が自由なローン」(フリーローン)に大別できます。
ここでは、使途が自由なカードローン・キャッシングを中心にして概観します。




【目次】

ローン・キャッシングについて




■ カードローン・キャッシング


原則として無担保で保証人の必要がなく、所定の審査ののちに迅速に貸付をこなう融資を「キャッシング」と呼ぶことが多くなっています。
※もちろん当然ながら、各社所定の審査を経て融資の可否が決定するのはいうまでもありません。

各会社は専用のカードを発行し、カードで全国のATMやCD(自動現金支払機)を利用してお金を借りたり返済したりできるため「カードローン」と呼んだりします。
(ローンの種類・会社によってはカードを発行しない場合もあります。)

原則的に、借りたお金の使いみちは自由で、申込みの際やカード利用の手数料・年会費など通常無料です。
カードローン・キャッシングの申込みは、店頭に出向くことなくインターネット上で行うことができます。





■ カードローンとキャッシングの違い


お金を借りたら後で返済していきますが、返済時に、分割で支払うのが「カードローン」、一括で支払ってしまう方法を「キャッシング」と呼んで区別する分類があります。
ただ、各会社によってはこのような区分を用いず、お金を借りて分割で返済する方法もキャッシングと呼んでいるため、実質的にカードローンとキャッシングは同じものと考えてよいくらいです。
現在、インターネット上などで使われている「キャッシング」という言葉は、分割で返済可能なカードローンと同じ意味で使われている場合がほとんどです。「キャッシングローン」という言葉もありますが、意味は同じです。

このサイトでも特に断りがない限りカードローンとキャッシングを同じ意味で使って行きますが、会社によってはカードローンとキャッシングを区別し、まったく別のものとして扱っている場合もあるため、両方を併記しています。




■ カードローン・キャッシングの申込み手順


インターネットでの一般的な申込みの流れは以下のように進められます。

※会社ごとに若干の相違がある場合があります。詳細事項は各会社の公式ウェブサイトで確認してください。


1.金融機関選び
各会社で利用限度額の設定や金利・返済方法などがことなります。自分の目的にあったローン会社を選ぶのがよいでしょう。
各会社のほとんどのホームページで事前に返済シミュレーションが使えます。それを活用し、無理なく返済ができるかどうかを事前に充分検討してください。

※事前に各社の貸付条件を確認することはもちろん、当然ながら、必要以上に借りすぎないように注意してください。


2.必要事項を記入して送信
申込みフォームに必要事項を記入して送信します。健康保険証の区分も入力する必要があることがありますので、事前に確かめておきましょう。


3.会社から連絡が入る
申込みの確認、本人確認、審査結果、手続き方法についての詳細等が、Eメールまたは電話で連絡が入ります。ホームページ上で審査結果を確認できるようにしている会社もあります。


4.後日、契約のための書類が郵送で送られてくるので必要書類を返送
本人確認のための運転免許証や保険証のコピー等が必要です。また50万円以上の融資の場合には、収入証明等(源泉徴収票など)の書類が必要となります。


5.会員証、契約書の控え、キャッシング専用カードが送られてきます。
カードを利用し、カード発行会社が提携している全国のATM、CD(自動現金支払機)などでキャッシングができます。

※キャッシングカード受取りについて
カードの受取り方法は郵送のほかに、銀行内やコンビニにあるカード自動発行機を備えているカード会社もあり、申込みの当日にカードを受取ることも可能です。





■ 申込み資格


カードローンの申込資格は、ほとんどのローン会社で「20歳以上で、安定的な収入がある方」となっています。
通常は、派遣社員、パート、アルバイトなどの方でも、安定した一定収入があれば、多くの場合申込むことが可能です。
学生や、主婦や女性向け専用ローンを設定している会社もあります。




■ 融資額


フリーローン・キャッシングの場合、各会社が行う融資限度額は、おおむね、1万円〜300万円程度の商品がおおくなっています。なかには500万円程度の大口の融資を提供している会社もあります。

ただ、申込めば限度額いっぱいまで融資を受けられるわけではありません。審査により申込んだ方の借入れ状況や収入等によって限度額が設定されます。
貸金業者からの総借入額が年収の3分の1を超える借入れは原則禁止となります。

※[補足]:50万超の融資を希望する場合は、収入を証明する書類等を提出する必要があります。




■ 利息の計算方法


利息の計算は次のような計算式で行われます。

元金(元本・借入れ額)×実質年率÷365×借りた日数=利息

一般には日割りで計算されますので、早く返済してしまえばそれだけ安い利息ですむことになります。




■ 返済方式


各会社ともそれぞれ様々な返済方式を採用しています。それぞれの会社のホームページで提供している返済シミュレーションを行ってください。計画的に返済できるよう、事前に十分に検討確認してください。




■ 補足事項


家を建てるは住宅ローンを組むように、長い人生の途上では、だれでもお金を借りなければならないこともでてきます。
しかしながら、お金を借りる場合には、あらかじめ返済計画をしっかりと立てておく必要があります。同時に借入は必要最小限に留めることが大切です。

少なくともギャンブル目的のためにお金を借りることは厳に避けるべきですし、最初から返済の見通しのつかないような借入も避けてください。

融資を受ける場合には、事前に必ず商品内容をよく確かめ、契約内容を理解した上で、計画的に運用する必要があります。自己の責任のもとに借入を行ってください。





■ 注意事項


借入にあたっては、自己の責任において計画的に運用するとともに、多重債務でローンが返済できなくなることのないよう、十分にご注意ください。


すでに多重債務の状態にある方は、国民生活センター、全国消費生活センター、クレジットカウンセリング協会等、各種相談窓口でお早めにご相談ください。






目次ショートカット


ローン・キャッシングについて




記載内容・画像等の複製および転載禁止
Copyright © 2005 クレジットカード&ローンCabinet. All rights reserved.